学校 (1993)

『学校』(がっこう)は、山田洋次監督の映画シリーズ作品。1993年から2000年までに全4作が制作された。幅広い年代の生徒が集まる夜間中学校を舞台に、挫折や苦境から立ちあがる人々を描いた。焼肉店を経営する在日コリアンのオモニ(新屋英子)、中年になるまで文字が読めなかったイノさん(田中邦衛)などが登場する。

出演:西田敏行、田中邦衛、新屋英子、萩原聖人、中江有里、裕木奈江、竹下景子

学校 (1993)のあらすじ

夜間中学校に勤める黒井(西田敏行)はある日校長に呼び出され「そろそろ異動を」と薦められていた。しかし黒井は「私は夜間に根を生やして『古狸』と呼ばれたいんです」とつっぱねる。黒井のクラスには働きながら夜間に通うカズ(萩原聖人)、中1で不登校になったえり子(中江有里)、不良のみどり(裕木奈江)、日本の社会になかなか馴染めない中国人の張(翁華栄)、焼肉屋を経営するオモニ(新屋英子)、脳性麻痺で言葉の不自由な修(神戸浩)、そして長年の肉体労働で身体を酷使した競馬好きのイノさん(田中邦衛)がいた。それぞれに違った環境でそれぞれの悩みを抱えつつ夜間に通う生徒たち。

イノさんが体調不良で田舎に戻り、療養中(教室には不在)であるところから物語は始まる ….。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 虹をつかむ男 南国奮斗篇 (1997)

  2. 虹をつかむ男 (1996)

  3. 学校II (1996)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。