学校II (1996)

高等養護学校を舞台に、重い障害を持つ生徒と軽い障害を持つ生徒の交流・葛藤、就職問題等を入学から卒業までの、3年間の出来事を描いた作品。1996年10月19日(土)公開の日本映画。製作は松竹・日本テレビ放送網・住友商事。芸術文化振興基金助成作品。文部省選定。

監督:山田洋次、出演:西田敏行、吉岡秀隆、神戸浩、永瀬正敏

学校II (1996)のあらすじ

留別(りゅうべつ)高等養護学校では、様々な障がいを持つ生徒たちが寮生活を送りながら教育を受けている。2年前この学校に入学してきたのは、いじめに遭って以来一言も話さなくなった高志や言語障害と歩行障害がある佑矢たち。彼らを受け持つのは、クラス担任の竜平とそれをサポートする玲子、それに新人教師・小林の3人。佑矢は特に手のかかる生徒で、すぐに暴れ回るため小林はつきっきりでその対応に追われる。竜平たちは長い月日をかけて生徒との関係を築いていく。しかし3年生になった高志はある日、佑矢を連れて「買い物へ行く」と寮を出たまま失踪する。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 学校 (1993)

  2. 虹をつかむ男 南国奮斗篇 (1997)

  3. 虹をつかむ男 (1996)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。